オリジナルボックス

日本の伝統工芸として、長く大切にされている切子。特に江戸切子はご自分のためにはもちろん、両親や上司、恩師など大切な方へ。また、結婚式の引き出物や、海外の方へのギフトなど、人生における節目の贈り物としても重宝されています。

「室町硝子工芸」では、ご購入いただいた江戸切子をはじめとする切子製品を、無料のオリジナルボックスに入れてお届け・お渡ししています。そのまま贈り物としてお使いいただけるよう、工夫を凝らしました。ここで、その様子をご紹介します。

 

贈答用の江戸切子といえば、桐箱に入った姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。日本の美を感じる姿ですが、私たちは、鮮やかな赤のオリジナルボックスをご用意しました。

目にした瞬間、お祝い事などのおめでたい印象をもつ“赤”。国内外問わず、華やかな気持ちになる色です。表面には、着物を連想させる、織物のような加工を施しています。また、箱をとめるゴムバンドは、帯や水引などに使う組紐をイメージ。日本では古来より、さまざまな結び方で、贈り物に気持ちを込めてきました。

 

さらに、あける瞬間にもこだわりました。ボックス内部にウレタン素材を入れ、切子を立てたまま入れられるよう設計。これにより、ボックスを開けるとまず、切子を覗き込むような形になります。

切子の楽しみ方といえば、王道は、外側からじっくり。職人のカット技術をダイナミックに感じていただけます。しかし私たちは、内側を覗き込むことで生まれる、文様の絡み合った美しさをまず伝えたくて、このような形を選びました。

ウレタン素材は、それぞれの製品に合わせてカット。切子にやさしくフィットし、持ち運びや保管時も安心です。

特別なガラス製品だからこそ、すべての瞬間も特別に。どうぞご活用ください。