硝子工房 彩鳳

光菊 丸オールド ルリ

¥35,000

透明感と鮮やかな瑠璃の色が、凛とした表情を見せるグラスです。「光菊(こうぎく)」という名が表すように、光をまといながら菊が花開く様が表現されています。
この製品は「硝子工房 彩凰(さいほう)」に所属する細小路 圭(ほそこうじ けい)氏によってつくられました。細小路氏は、「硝子工房 彩凰」で技を磨き、鍛錬を重ね「日本の伝統工芸士」として認定された、若き職人の一人です。
菊の花びらは、単純な縦のカットではなく、カットに強弱をつけて表現されています。この強弱の塩梅やバランスを左右するのは、これまで培ってきた職人の感覚です。
同デザインで、「金赤」もご用意しています。ペアグラスのギフトとしても、どうぞご利用ください。

同デザイン、金赤のグラスはこちらから

※…日本の伝統工芸士とは、日本の経済産業省によって認定された、高度な卓越した伝統的技術・技法を有する職人に対して与えられる称号です。

商品について

  • サイズ:口径6.1cm 最大幅8.8cm 高さ9.6cm・270ml

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子で味わう 雪消碗と純米酒
Others

江戸切子で味わう — 雪消碗×純米酒

四季折々の食卓におすすめのレシピと、合わせてたのしみたい江戸切子をご紹介。雪が溶ける様や雪解け水を指す「雪解け」を、古くから「雪消(ゆきげ)」ともいいます。江戸時代には、その名をもじった豆腐料理が親しまれていたそうです。今回は、豆腐に、出汁とかぶのやさしい風味を合わせた「雪消碗」をご紹介します。

もっと読む
江戸切子 大物作品「未来」
Kiriko art

Object Stories — 小林淑郎「未来」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む