硝子工房 彩鳳

市松文様 タンブラー 黒

¥30,000

「江戸切子」で用いられる色では珍しい、黒のタンブラーグラス。市松模様でシンプルに仕上げられた、現代的なデザインです。
透明な部分は黒の色被(いろき)せ部分を丁寧に削ることで、黒と透明のコントラストを生み、市松模様として表現されております。市松文様は、上下左右に途切れずに続く模様であることから、日本では古くから“永遠”や“発展拡大”、“繁栄”を意味する柄といわれています。
よりモダンに、日常的に、「江戸切子」を楽しみたい方にぴったりです。

同じデザインの、オールドグラスもご用意しております。

オールドグラスをお求めの方はこちらから

商品について

  • サイズ:口径7.1cm × 高さ11.5cm・250ml

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子 大物作品「未来」
Kiriko art

Object Stories — 小林淑郎「未来」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む
江戸切子 伝統工芸士 山田のゆり氏作品「陽光」
Kiriko art

Object Stories — 山田のゆり「陽光」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品や、作品づくりへの想いを伺います。

もっと読む