小林硝子工芸所

鉢「散菊」

¥100,000

100年近く続く「江戸切子」工房の一つ「小林硝子工芸所」。3代目である小林淑郎(よしろう)氏と4代目・昂平(こうへい)氏が現在工房を切り盛りしており、このうつわは3代目・淑郎氏によってつくられました。
淑郎氏は、ガラス全面にカットを入れた、きらびやかな総柄の作品を数多く制作しています。「散菊(さんぎく)」も、その一つ。小さな菊の花が連なるよう表現された「菊繋ぎ(きくつなぎ)」文様を曲面全体に施し、見る人を魅了。このように、全面に細やかな表現ができるのは、熟練のなせる技です。
涼やかな食器としてお使いいただくもよし、オブジェとして空間を彩っていただいてもよし。「江戸切子」の手仕事の素晴らしさを感じていただけるでしょう。

商品について

  • サイズ:口径11cm〜11.5cm × 高さ8〜8.4cm
  • 「散菊」について:製品一点ずつ、宙吹き技法による手作りで成形されております。形状やサイズが掲載写真と多少異なることがありますのでご了承ください。

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子 大物作品「未来」
Kiriko art

Object Stories — 小林淑郎「未来」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む
江戸切子 伝統工芸士 山田のゆり氏作品「陽光」
Kiriko art

Object Stories — 山田のゆり「陽光」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品や、作品づくりへの想いを伺います。

もっと読む