大本 研一郎

「 冰 」

¥20,000

「冰(ヒョウ)」と名付けられた、透明の小さなグラス。クリスタルガラスに連続した縦のラインがあしらわれた、モダンなグラスです。手がけた大本研一郎氏は、「江戸切子」を始めとするカットグラスは細かく華やかな柄やデザインが多いなか、あえてシンプルな表現を行いたいと考え、制作。クリスタルガラスの透明感を、より引き立てるようなデザインとなりました。手のひらにおさまるような形状に刻まれた、縦のラインは穏やかな丸みを帯び、緊張感の中に優しさが含まれています。

商品について

  • サイズ:口径5.1cm 最大幅5.9cm 高さ4.5cm

この商品を見た方へのおすすめ

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

江戸切子に携わる人々が、なにを想い、一つひとつの作品や日々の仕事と向き合っているのか。職人のもとを尋ねる連載『Artisan Interview』。3人目は、伝統工芸士の石塚春樹さんです。後編では、石塚さんが作品をつくり始めたきっかけと、江戸切子への想いや考えなどを伺いました。

もっと読む
白金店 − 本日のお花 #002

白金店 − 本日のお花 #002

江戸切子を飾る空間を、より華やかに、特別な空間にしてお客さまをおもてなししたい−−。「本日のお花」では、白金店に飾っている花をご紹介。歴史や特徴など、花を取りまくさまざまなストーリーをお伝えします。

もっと読む