小林硝子工芸所

酒杯 「幾千」

¥25,300

連続する、繊細な縦の線。片手に収まる小さなグラスですが、この無数の線によって広がりを感じさせるデザインです。
透明な世界に、どれだけシンプルに、印象的にカットを施すか。「江戸切子」工房の一つ「小林硝子工芸所」の若き4代目・小林昂平(こうへい)氏の試みによって生まれた製品です。「小林硝子工芸所」は明治末期より続く、「江戸切子」のなかでも歴史ある工房。父である3代目・淑郎(よしろう)氏は、ガラス全面にカットを入れた、きらびやかな総柄の作品を数多く制作しています。父に敬意の念をもちながら、一方で自分にしかできない表現を日々模索。父が華やかな表現をするのであれば、自分はシンプルな線でより美しさを表現できないかと考え、このグラスが生まれました。
洗練されたカットを片手に、お好きな飲み物をお楽しみいただけます。

商品について
  • サイズ:口径5.1cm × 高さ6.4cm・約45ml
  • 職人の刻印がグラスにございます。※画像6枚目をご参照ください。

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子で味わう — 桜酒×卵焼き
Others

江戸切子で味わう — 桜酒×卵焼き

四季折々の食卓におすすめのレシピと、合わせてたのしみたい江戸切子をご紹介。ふと見上げれば愛らしい花々が目をたのしませてくれる春。今回は、そんな花見のシーンにぴったりのお酒とおつまみをご紹介します。

もっと読む
Object Stories — 小林昂平「潮流」
Kiriko art

Object Stories — 小林昂平「潮流」

職人の手により生み出される江戸切子。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、手掛ける職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む