根本硝子工芸

modern 蝋 薄墨

¥300,000

ろうそくの灯火が美しく揺らめく様を、切子のカットで表現された「modern 蝋(モダン ろう)」。ゆらりと斜めに揺れる曲線の周りには、江戸切子の代表的文様である「菊繋ぎ」が細やかな線によって、まばゆい光が輝くように表現されています。クリスタルガラスに施された非常に目の細かい菊繋ぎ文様は、より一層の輝きをグラスにもたらします。
「modern 蝋」は、「根本硝子工芸」の若き3代目・根本幸昇(こうしょう)氏によって生みだされました。高級なクリスタルガラスの中でも、さらに希少性の高いガラスのみを扱う根本硝子工芸。脈々と受け継がれた高い技術、高品質のガラス素材、さらに幸昇氏の美への追求心によって、グラスに芸術作品のような佇まいを見せています。このデザインの「modern 蝋」は、当店のみの限定販売です。

同じデザインにて「琥珀 金赤」のグラスもご用意しています。ペアギフトとしても、どうぞご利用ください。

同デザイン、「琥珀 金赤」の製品はこちらから

文様についての記事は、こちらからお読みいただけます。

商品について

  • サイズ:口径8.0cm × 高さ9.0cm・290ml

この商品を見た方へのおすすめ

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

江戸切子に携わる人々が、なにを想い、一つひとつの作品や日々の仕事と向き合っているのか。職人のもとを尋ねる連載『Artisan Interview』。3人目は、伝統工芸士の石塚春樹さんです。後編では、石塚さんが作品をつくり始めたきっかけと、江戸切子への想いや考えなどを伺いました。

もっと読む
白金店 − 本日のお花 #002

白金店 − 本日のお花 #002

江戸切子を飾る空間を、より華やかに、特別な空間にしてお客さまをおもてなししたい−−。「本日のお花」では、白金店に飾っている花をご紹介。歴史や特徴など、花を取りまくさまざまなストーリーをお伝えします。

もっと読む