小林硝子工芸所

ピラミッド・ネックレス アンバー菊つなぎ

¥22,000

およそ100年続く「江戸切子」工房の一つ、「小林硝子工芸所」の若き4代目・小林昂平氏が手がけるジュエリー。日常の中に小さな輝きを加えることで、豊かな彩りある時間を過ごしてもらいたい。そんな、昂平氏の想いが込められています。
クリスタルガラスに施されたモダンなカットは、とりわけ太陽に照らされることで、より美しく輝きます。また、高い技術があってこそ表現可能な、小さな世界に一つひとつ施された繊細な表情。身につける方はもちろん、見る人をも魅了させることでしょう。ギフトとしても喜んでいただけるひと品です。

同じデザインのピアス、イヤリングもご用意しています。

ピアスはこちらから

イヤリングはこちらから

商品について

  • サイズ:ガラス部分 長さ3.1cm × 幅1.9cm チェーン部分 長さ40cm
  • 素材:金具部分 K10
  • 手作業加工のため、若干の個体差が生じます。ガラス部分のサイズは目安となりますのでご了承ください。

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子 大物作品「未来」
Kiriko art

Object Stories — 小林淑郎「未来」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む
江戸切子 伝統工芸士 山田のゆり氏作品「陽光」
Kiriko art

Object Stories — 山田のゆり「陽光」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品や、作品づくりへの想いを伺います。

もっと読む