根本硝子工芸

雫 薄墨

¥160,000

親子3代にわたり、江戸切子工房を営んできた「根本硝子工芸」。このグラスは2代目・根本達也氏の手によって作られています。
「雫(しずく)」と名付けられたこの製品。左右対称の太い曲線によって、連なる雫の造形が表現されています。雫の造形の間には、細い線が交差する「菊繋ぎ」と呼ばれる江戸切子の代表的文様のあしらいも。雫の造形の力強さと、数ミリのズレも許さない細やかな線の表現が、一つのグラスにコントラストを生んでいます。
また、使用されるガラス素材は、クリスタルガラスの中でもさらに希少性の高いガラスのみを扱うため、カットによるきらめきも、より際立ったものに。
この「雫」は達也氏の代表的な製品ですが、このデザインは室町硝子工芸のためにつくられた、限定デザインのグラスです。

同じ造形、サイズで、「金赤」のグラスもご用意しています。ペアギフトとしても、どうぞご利用ください。

同デザイン、「金赤」の製品はこちらから

文様についての記事は、こちらからお読みいただけます。

商品について

  • サイズ:口径8.0cm × 高さ9.0cm・290ml

この商品を見た方へのおすすめ

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

Artisan Interview 3 ー石塚春樹さん(ミツワ硝子工芸)・後編

江戸切子に携わる人々が、なにを想い、一つひとつの作品や日々の仕事と向き合っているのか。職人のもとを尋ねる連載『Artisan Interview』。3人目は、伝統工芸士の石塚春樹さんです。後編では、石塚さんが作品をつくり始めたきっかけと、江戸切子への想いや考えなどを伺いました。

もっと読む
白金店 − 本日のお花 #002

白金店 − 本日のお花 #002

江戸切子を飾る空間を、より華やかに、特別な空間にしてお客さまをおもてなししたい−−。「本日のお花」では、白金店に飾っている花をご紹介。歴史や特徴など、花を取りまくさまざまなストーリーをお伝えします。

もっと読む