大本 研一郎

「 瀀 」

¥30,000

通常「切子(Kiriko)」であしらうカットは、細かく交差する線状のものが多く見られます。一方、この「瀀(ユウ)」は、線ではなく、多面的なカットがランダムに施されたグラスです。
一つ一つのカットの深さがそれぞれ異なり、深さが異なることでグラスの色の濃淡にも変化が生まれます。また、ある程度深くカットしても割れないように、グラス生成の段階で厚く仕上げているのも特徴。「荒々しい表現をグラスで試してみたかった」と、制作した大本研一郎氏は話します。
涼やかなグラスの色と非対称なカットによって、現代的なデザインの切子に仕上がりました。

商品について

  • サイズ:口径約6.5cm × 高さ6.8cm

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子 伝統工芸士 細小路 圭氏 作品 「花と蝶」
Kiriko art

Object Stories — 細小路 圭「花と蝶」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品や、作品づくりへの想いを伺います。

もっと読む
江戸切子で味わう — 牛肉とクレソンのすき焼き×黒ぶどうのシャンパン
Others

江戸切子で味わう — 牛肉とクレソンのすき焼き×黒ぶどうのシャンパン

ガラスをカットすることで生まれる、繊細で華麗な江戸切子の輝き。そのきらめきを、飾ってたのしむ方も多いでしょう。一方で、お好きなお酒を飲むなど、実際に使用してこそ感じられる魅力もあります。ここでは、四季折々の食卓におすすめのレシピと、合わせてたのしみたい江戸切子をご紹介します。

もっと読む