硝子工房 彩鳳

七宝四花菱文様 ぐい呑 金赤

¥21,000

持つ人の見る角度、方向によって、さまざまな表情を見せる「硝子工房 彩凰(さいほう)」のぐい呑。日本の家紋に使用される「花菱」紋を、上下左右の4つ合わせたものが「四花菱」。四花菱を、「江戸切子」の代表的文様の一つである「七宝」と組み合わせた装飾が特徴です。
光の屈折がより複雑に。飲み口の真上から眺めながら飲み物を注ぐと、幻想的な印象も覚えます。
色は、「江戸切子」定番の「金赤」。同じ文様、形で「瑠璃(るり)」もご用意しており、ペアでお楽しみいただけます。銀婚式や結婚祝いなど、特別なギフトとしてもおすすめです。

色違いの製品はこちらから

文様について、詳しくはこちらの記事からお読みいただけます。

商品について

  • サイズ:口径7.0cm × 高さ5.8cm・100ml

この商品を見た方へのおすすめ

江戸切子・日本の切子を紹介 室町硝子工芸 トップ 白金店画像

店舗のご案内

室町硝子工芸 白金店

Kirikoを目で見て、手に触れてみて。より一層Kirikoの魅力を感じていただけるような空間をご用意しました。

CONTENTS

切子にまつわる読み物

江戸切子 大物作品「未来」
Kiriko art

Object Stories — 小林淑郎「未来」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品展への出品や展示、オーダーメイドを目的につくられることの多いそれらは、職人にとってどんな存在なのでしょう。

もっと読む
江戸切子 伝統工芸士 山田のゆり氏作品「陽光」
Kiriko art

Object Stories — 山田のゆり「陽光」

江戸切子は、一つひとつ、職人の手により生み出されます。中でも、鉢や花瓶、大皿など、サイズの大きな江戸切子は“一点もの”として制作されます。作品や、作品づくりへの想いを伺います。

もっと読む